Mana-Factory Project Season2

友人二人で作るスケール模型のサイト。 こちらに引っ越してきました。 season2 スタート!!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

紫電改展示館 

四国出張。
遠い遠いところからの帰り、愛媛県愛南町で紫電改展示館の看板を見かけました。
時間もあることだし、たちよってみることにしました。
国道56号線から県道302号線に曲がって、馬瀬山山頂を目指します。
ここには、宇和海展望タワー、こども動物園、紫電改展示館があります。
うれしいことに駐車場代も入場料も無料です。(展望タワーは有料です。)

紫電改展示館 (1)

紫電改展示館 (2)

建物はいたって地味。紫電改の看板がデカデカと掲げられているわけではありません。

では入場。

紫電改展示館 (3)

これが旧海軍の最も優れた戦闘機“紫電改”です。

紫電改は、水上戦闘機「強風」を陸上戦闘機化した「紫電」の欠陥を改良したものです。

つまり“紫電”の改良版ということで“紫電改”です。

チラシによると、昭和54年に海底から引き上げられた、日本で唯一残存する機体です。

紫電改展示館 (4)

引き上げられたときはフジツボでびっしり覆われていたそうです。
それを約1ヶ月かけて補修と塗装が施されました。

紫電改展示館 (5)

壁には6機の未帰還機の説明があり、各パイロットが紹介されています。
一番若くて20歳、最年長でも29歳と皆、とても若いことに改めて戦争の悲惨さ、理不尽さを考えさせられます。
若くしてなくなった彼らをはじめ、亡くなられた方、生き残って復興に尽力された人達のおかげで今の日本があるのだと、感謝の念で一杯です。

紫電改展示館 (6)

機体の他には

紫電改展示館 (7)

プロペラや

紫電改展示館 (8)

模型のジオラマがあります。

中々、愛媛県の最西にある愛南町へ行く機会は無いでしょうが、ぜひ立ち寄っていただきたい施設です。

今回買ったお土産はこんなの。

栞


☟動画にまとめてみました。




text by とよ

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manafac.blog134.fc2.com/tb.php/374-22ff16aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。