Mana-Factory Project Season2

友人二人で作るスケール模型のサイト。 こちらに引っ越してきました。 season2 スタート!!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

新しい試み 

キュベルワーゲン佳境です。
キューベルを作るとき、実はやって見ようと思っていたことがありました。
それは、ずばり泥の汚れ。
過去作品で、塗装やパウダーを使っての表現はやったことがあったのですが、もっと跳ねた泥がこびりついているというのを表現してみたかったのです。

そうなると、パテを使うことになるわけです。
今回、車体の塗装もウォッシングもチッピングも終わってから、パテを塗りつけるという、結構勇気のいる作業を行いました。

で、こんな風になりました。

kubel (23)
kubel (23) posted by (C)toyo

kubel (24)
kubel (24) posted by (C)toyo

パテにパウダーを入れて溶剤で練り合わせたものを使うやり方がありますが、今回はあくまでパテのみ。
溶剤で薄めることなく、へらで塗りつけました。

パテが乾いてから、アクリル塗料のタミヤカラーXF-59デザートイエローで筆塗りし、その上からバフ(タミヤカラーXF-57)を薄めてエアブラシ。

エナメルの黒(XF-1)+茶(XF-10)を混ぜ、溶剤でかなり薄めたものでウォッシングしたのち、溶剤を含ませた綿棒でふき取り、エナメルのバフ(XF-57)でドライブラシ。

そしていくつかの茶系パウダーを混ぜたもので、上からこすり付けましたまで。

思った以上にうまくいきました。

これなら、最初のパテ付けをビビらずに、もっと派手にやっても良かったです。

後はいくつかの細かい塗り分けと、マフラーのさび表現を行えば車体は完成と相成ります。

マフラーのさび表現にパウダーを使用しますが、どこにしまったのか見つかりません。
一体どこにいったのやら・・・。

text by とよ  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manafac.blog134.fc2.com/tb.php/25-c86d8944
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。