Mana-Factory Project Season2

友人二人で作るスケール模型のサイト。 こちらに引っ越してきました。 season2 スタート!!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

舞鶴軍港へ 

GW後半戦スタート。
後半戦初日は、家でのんびり模型でも作ろうかと思っていたんですが、珍しく嫁さんから天気がいいからどっか遊びに行こうと言い出しました。
最初は近場の大きめの公園でもと考えていたんですが、そうだ!!舞鶴軍港だ!!自衛隊艦の写真を撮るんだ!!と思いつき慌てて出発したのが11時過ぎ。

なんで慌てたかというと、15時で見学が終わってしまうから。結構ギリだな・・・。

GWの渋滞がひとつでもあればパーですが、滋賀からだと鯖街道で小浜に出て、舞鶴自動車道で東舞鶴というルートなので、混む箇所無し。なんとか14時に到着しました。

では、前置きはこれくらいにして見ていただきましょう!!

舞鶴軍港 (11)
舞鶴軍港 (11) posted by (C)toyo

折しも今日は憲法記念日。
停泊している艦も多く、また旗で飾られていました。

舞鶴軍港 (1)
舞鶴軍港 (1) posted by (C)toyo

舞鶴軍港 (2)
舞鶴軍港 (2) posted by (C)toyo

こんな小さな船もカッコイイ。

舞鶴軍港 (3)
舞鶴軍港 (3) posted by (C)toyo

船はこのごちゃごちゃ感がたまりませんね。

舞鶴軍港 (4)
舞鶴軍港 (4) posted by (C)toyo

それにしても間近に見る船はデカイ!!このデカさに興奮します。

なかなか写真で伝えることが出来ないのが、まだまだ未熟。

続いて船の前から3連発。

舞鶴軍港 (5)
舞鶴軍港 (5) posted by (C)toyo

舞鶴軍港 (6)
舞鶴軍港 (6) posted by (C)toyo

舞鶴軍港 (7)
舞鶴軍港 (7) posted by (C)toyo

⇩艦橋の違いを見るのも、また楽し。

舞鶴軍港 (8)
舞鶴軍港 (8) posted by (C)toyo

舞鶴軍港 (9)
舞鶴軍港 (9) posted by (C)toyo

あ、そうだ。艦体を岸壁で傷つけないためのブイ(?)が、またカッコよかったんです。

舞鶴軍港 (10)
舞鶴軍港 (10) posted by (C)toyo

レジンパーツでいいから、売られないかな?

1時間じゃ、全く時間が足りませんでしたが、とても楽しい時間を過ごせました。

舞鶴軍港 (12)
舞鶴軍港 (12) posted by (C)toyo

text by とよ



スポンサーサイト

本日は松江 

今日は無駄に遠い担当先、松江。
伊丹から飛行機で。
帰りは薄暗くなった頃。

あー、もう二度と訪問することないかも。
しかも、大嫌いなどーこー営業。
ランチは強制的に大嫌いな海鮮


すごい量。

ほぼ一年ぶりの松江。
マハロ。

Posted by lunao1

紫電改展示館 

四国出張。
遠い遠いところからの帰り、愛媛県愛南町で紫電改展示館の看板を見かけました。
時間もあることだし、たちよってみることにしました。
国道56号線から県道302号線に曲がって、馬瀬山山頂を目指します。
ここには、宇和海展望タワー、こども動物園、紫電改展示館があります。
うれしいことに駐車場代も入場料も無料です。(展望タワーは有料です。)

紫電改展示館 (1)

紫電改展示館 (2)

建物はいたって地味。紫電改の看板がデカデカと掲げられているわけではありません。

では入場。

紫電改展示館 (3)

これが旧海軍の最も優れた戦闘機“紫電改”です。

紫電改は、水上戦闘機「強風」を陸上戦闘機化した「紫電」の欠陥を改良したものです。

つまり“紫電”の改良版ということで“紫電改”です。

チラシによると、昭和54年に海底から引き上げられた、日本で唯一残存する機体です。

紫電改展示館 (4)

引き上げられたときはフジツボでびっしり覆われていたそうです。
それを約1ヶ月かけて補修と塗装が施されました。

紫電改展示館 (5)

壁には6機の未帰還機の説明があり、各パイロットが紹介されています。
一番若くて20歳、最年長でも29歳と皆、とても若いことに改めて戦争の悲惨さ、理不尽さを考えさせられます。
若くしてなくなった彼らをはじめ、亡くなられた方、生き残って復興に尽力された人達のおかげで今の日本があるのだと、感謝の念で一杯です。

紫電改展示館 (6)

機体の他には

紫電改展示館 (7)

プロペラや

紫電改展示館 (8)

模型のジオラマがあります。

中々、愛媛県の最西にある愛南町へ行く機会は無いでしょうが、ぜひ立ち寄っていただきたい施設です。

今回買ったお土産はこんなの。

栞


☟動画にまとめてみました。




text by とよ

鳥取の夜は温泉 

鳥取は21時にはゴーストです。

で、ホテルに入ってもがっくりきてたんですが。

発見!

温泉を発見です。
駅近に温泉があるんですな。

ちょっと、田舎過ぎて切なくなる街、鳥取。
でも、これからは温泉楽しみに頑張ります~。


朝湯もあるよマハロ。

Posted by lunao1

ハワイ旅レポ その2 

さあ、日付も変わったし、レポ2いっときましょう!
ちなみに、来週は更新ゼロ戦。

引き続きクルマ編。

翌日は朝から、ポケ丼を食べにカピオラニへ出発。
セーフウェイで見つけたのは、主役キャラのチャレンジャー。

左Lightが判別し難いでしょ?
実はこれ、ブラックアウト処理されて、左右バイアイ状態なんです。
良いね、そのセンス。

サイドは大型のデカールでツヤ消し。
これは高かったはず。

この小技デカール見て!



22インチとブレンボ。


とにかく、カッコいいチャレンジャーでした。
自分だったら真似したいわ。


で、急にあれなんですが、ボロのパスファインダー、まだ生きてます。
結構見ます。
アメリカはクルマの天国やね。


好きではないが、ニッサンさん、こんなの国内販売しな。
しー、て無音で走るラジコンより余程ましやわ。

しー、つながりで。
初めて見ました、シボレーボルト。

国産ラジコンより数段ましなデザイン。


このクルマ珍しい!
No.がフロリダなんです。

…で、次はノースエリアのクルマ編。



ダッジチャージャー。
ふつーに見かけます。
あんまり珍しい感じしません。
セダンならこれかな。


ノースエリアにありそうな、傷み系クルマ沢山あります。

ボロでもカッコいいねえ。


あ、60年代のマスタングが小学校にお迎えに!

ここはノースのワイアルア。

図書館前のフォード。
すごいお金掛けてるみたいです。
エリア的に、豊かなのか、否か?いつもハワイの田舎に行くと不思議に思う。


日本人が絶対立ち寄らないSCでマスタング。
V6です。
もうボロボロ。

ミラー片方ぶら下がり。

働くクルマ。

こんなんも良いね。


タトゥーショップのクルマ。
現役。


こっちは、到底現役では無い、廃車。
でも、カッコいい。
泊まってたマノアエリアで。


何回も登場、カマロSS。



顔が良いね。
ちなみにこれ、レンタカーです。



次回は借りたい。

…と、言うことでクルマ編終わり…なんですが。
最後に行きます。
Best of Best



このマスタングに決定!
色もスタイルもバツグン。
綺麗に乗ってるセンスも良い。
これはアラモアナSCで見かけたマスタング。

以上、クルマ編終わり。
ハワイはクルマの天国マハロ。

Posted by lunao1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。